LIFE with AMUKARI

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あむる検診。

ポカポカ陽気で今日もウトウト、ボーーーっとしてます^^
0702020.jpg

今日で恐怖の夜から1週間と3日目でつ(-ω-;)

傷の具合は、炎症はあるもののだいぶ中のほうもくっ付いてきている
とのこと。前回の治療時に傷口から出た液体の検査結果で
細菌感染も特別大事に至るものも無く、このまま
予定通りあと10日~2週間で抜糸予定とのことでした。ε=(´◇`*)

↓お耳レーダー発動中ww
0702021.jpg

傷口の炎症
コレは筋肉が落ちているアムたん。
ど~してもお座り時に傷口が当たっちゃうかららしいです。
ので、抗生物質と消炎の塗り薬はまだ継続。

リハビリを兼ねて、徐々に筋力を回復していくよう
運動を薦められました(*^^*)
「楽しい事をしていっぱい尻尾を振るってのがいいです。」とのこと。
まぁ、飛んだり跳ねたり・・・ってのはまだまだ先だけど
とりあえず、ロープの周りぐるぐる運動は有効かな♪
筋力と一緒に体重も増やしたいね。

0702023.jpg

・・・んで、診察でのお話。

病変がはっきり現れる前の段階でアムたんの尻尾の異変がありました。
コレの説明をしてもらったんだけど
原因は尻尾の付け根にある筋肉。コレが片側がほぼ破綻している状態だったんだとか。
術後は普通に戻ってましたけど(・・・ってか、お毛けがないと逆に分かりづらかったりもする)
最初の病院でも、なぜこうなっているというより、経過観察した後に
これがこうでこうだった。と分かると思います。ってなお話をされてたんだけど
あきらかに尻尾が持ち上がっててな感じだった。
原因が分からなくてもやもやしていたのに、いざ病名が確定すると
もちろん観察はしていたけど、重要度として頭の隅にいってしまっていた・・・(^^;

直腸の蛇行は病変が現れる前からおこっていただろうとのこと。
でも、ハッキリとした病変があらわれたきっかけに
この尻尾の付け根の筋肉の破綻も関係していると思われる。。とのことだった。

なるほど・・・

アムたんは比較的この病気では早期発見だと言われました。
きっかけは大量の排便と尻尾の異変、その後徐々に排便困難
という風に進展していきました。
めずらしい病気ではあるみたいだけれど、もしも『アレ?いつもと何か違う』って
思ったら早めに獣医さんに相談してみて下さいね。

予防策・・・・かも?
みんな!元気良く尻尾をいっぱい振りましょぅ!←大マジメです^^;

早くこの病気がしっかりと解明されて
少しでも同じ病気で苦しむコが減りますように。。


  1. 2007/02/06(火) 23:38:13|
  2. 病気・怪我&治療
  3. | コメント:2

エリカラ生活

0701047.jpg

昨夜傷口がパックリ開いてしまったアムたん
再手術かも?ってことで朝飯抜きでの来院だってのに・・・

テンション高い。激高。。

どんよりな私達とは対照的だよ・・・
(写真は前日のものだけど、今日はもっとハイテンションだったのはなぜ?ーー;)

診察は9時からだけど少しでも早く診て貰えるように
早く行こうと思ってたけど・・・出遅れ
7時40分頃に到着ですでに受付票にはぎっしりお名前が・・・
はぅ。と思ってたけど
緊急性があるとのことで前乗りで診察していただけた。ありがたや

診察の結果は神経や筋肉部分には影響無いとのこと。


よがった~~~(*T◇T*)



パックリ開いているけど皮下組織まで(?!)だったみたい。。
舐めたり空気に触れたせいか幹部の炎症が結構あったので
消毒はかな~り念入り。
縫合もホチキスみたいなのでパシパシパシッと止めていただいて終了
またまたエリカラ生活であります。

炎症が結構あるためかお薬は増え
患部に塗る塗り薬もいただいた。
抜糸は3週間後の予定。

ちょっと目を放した結果がこんな長い代償とは・・・
ずっとイイ子にしててくれてたのに
アムたん、ごめんね。

...続きを読む
  1. 2007/01/28(日) 22:10:43|
  2. 病気・怪我&治療
  3. | コメント:0

抜糸・・・

・・・今日は待ちに待ったアムたんの抜糸の日でありました。

本日、用事も立てこんでいた為
Jちんの病院⇒お墓の手続き(Y家のね・・・)⇒アムるん病院の順で行ったのですが
昼前から行動した割に思いのほか全てスムーズに進み
アムたんの抜糸は5時過ぎに終了。

術後の排便状態も良好で、予定通り2週間後の抜糸も済ませ
運動も体力を戻しつつ、様子を見ながらだけど制限は無しとのこと。
食事も今ある処方食が終わったら通常食に戻していく・・・とのことで
次の診察は1ヶ月後で・・・
ってな感じでスムーズに終えて帰路へついたわけですが・・・
0701043.jpg



昨夜からど~にも体調の悪かった私
どぉやらノロでは無いようなんだけど、節々が痛くて
ダルダルだった為、家に着いたとたん寝こけてしまった。

抜糸を終えたアムたんはエリカラ外してOKとのことで
スッキリンこで一緒に夕寝してたわけだけど・・・

目が覚めたら・・・・・




アムたんの傷口がぁぁあ~~(T□T;)








パックリ開いてました (TmT;)
半分・・・・約5cm位???かな






あまりに衝撃的光景に
大パニックでつよ。

慌てて病院に駆け込みましたけど・・・


治療中に意識がモウロウとしちゃって・・・(注:私
処置にはJちんに立ち会ってもらって外でどよよーんと落ち込みました。

時間帯が救急の時間だったため、病院には当直の先生しかいらっしゃらず
普通なら術後の傷が開いた程度なら麻酔をかけて縫合できるんだけど
アムたんの場合、患部が複雑な部分で、手術自体が繊細な手術をしているため
明日の朝一で執刀医のK先生に診断してもらった上で再縫合するとのことで
仮止めと抗生物質を注射してもらって帰宅。


また麻酔・・・・・・


もぉ、ど~~~~~しよ~もなく落ち込みます。
なんで寝ちゃったんだあたし~(T_T)


  1. 2007/01/27(土) 23:28:42|
  2. 病気・怪我&治療
  3. | コメント:4

今日のアムるん

入院3日目・・・になるの?かな??( ̄∀ ̄;)

今日は仕事帰りにそのまま電車で病院へ~と思ってたら
まどおたんが一緒にお見舞いに来てくれるというので
横浜駅で待ち合わせて2人電車でゴトゴト・・・

アムたんは予想通り、私とまどおたんの登場に大フィーバー
自分が凶器になっているとはつゆ知らず
エリカラ装備でアタックしてきまふ( ̄∀ ̄;)

今日は病院内も入院棟もなんだか慌しく
スタッフさんもバタバタしている様子で
待ち受けのほうで面会時間を過ごしましたが
次第にテンションが下がっていくアムたん。

たぶん、きっと・・・置いてかれるんでしょぅ?な雰囲気だった。
早くお家に帰りたいよね。。
寂しくても言葉がしゃべれないアムルはただ黙っているだけ・・・
これがとっても切ない。

助手の先生(手術では麻酔担当して下さった先生)のお話では
術後の炎症はあるものの、問題になるような症状は無いとのことで
退院も早めに出来るんではないか?とのこと。
※ややこしくなるので書き分けるのがめんどうなんだけど
アムルには3人の先生がチームを組んで担当してくださっていて
執刀医のK先生と担当医のK先生、助手のK先生・・・・
3人ともK先生なのら( ̄∀ ̄;)

帰り際に担当のK先生にも少し様子をうかがい、早めに退院したいと伝えたら
「今週中には帰れそうです。」とのこと。

あと少しの辛抱だよアムたん!
毎日会いに来るからもぅちょっとだけガンバレ~!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

病院内には、勿論アムルより様態の重いコ達も沢山いるし
入院しているコはどのコも何かしら体に不調を抱えているコ達ばかり・・・
どうしてもアムルに集中している割合は多いわけだけど
どのコにも、早く良くなってお家に帰れることを祈るばかりです。

みんなみんな、ガンバレ~!

  1. 2007/01/16(火) 22:48:41|
  2. 病気・怪我&治療
  3. | コメント:5

2度目の手術。

いよいよ当日ですよ。
2度目だけど緊張でドキドキ・・・     ・・・してたのに
朝、町内会の仕事で地区センターに出かけたりしてたら
すっかり到着時刻を間違えていた事に気付き大慌て( ̄∀ ̄;)
病院に電話したらば「大丈夫ですよ~気をつけて来てください。」とのこと
ε=(´◇`*)ホッ

出発前に玄関下の階段で。。(上の段にお座りしてまふ^^)
アムたん、物思いな表情?や~な予感??
「ボク朝ご飯貰ってな~い」かな(; ̄ー ̄A
0701015.jpg

予定より30分遅れで到着。
すでに病院の中も外もヒトとわん、にゃんで一杯いっぱい。
受付を済ませて順番待ち。
外はイイお天気でポカポカだったよ。
0701016.jpg

割と早く呼ばれて診察室に入る。
点滴準備の為の針を入れるんだけど、体をしっかり固定されただけで
ジタバタ、イヤイヤモード( ̄∀ ̄;)
なんとかご機嫌を取りつつ装着完了。

検診の時にも書いたけれど、なぜかアムたんココの病院に来るとご機嫌さん。
しきりに遊んでくれる相手を探しているようだけど・・・・・ココは病院ですからね(^_^;)
点滴中も周りが気になって少しの間ソワソワしてたけど
少し経ったら落ち着いてとろとろねむねむ状態に。
0701017.jpg

点滴と鎮静剤を注射するんだけど、前回はこれで一度も嘔吐は無かったけれど
今日は吐いてしまったらしい・・・というのも、手術を見ることが出来ない。と車で待機中の
Jちんに用事でちょっとの間先生に見てもらってたら急に吐いてしまったんだとか
不安になっちゃったのかな?
その後はなんの問題も無く、リラックスした状態で点滴等は終了。
麻酔などの処置が終わるまで少し待って30分後位(15時過ぎ)から手術が始まった。

前回も手術には立ち会ったけれど・・・
やっぱり、麻酔で眠っているんだと分かっても
手術台の上で横たわっている姿を見ただけで胸が締め付けられる思いがする。
ひたすらアムルのお腹あたりが上下して呼吸しているのだけを確認している私がいる。。
アムル頑張れ!!!

手術はまず去勢手術から行われ、続けて骨盤隔膜の補強手術。
手術風景はモニターに映し出されているけれど、あまりしっかり見入ろうものなら
気分が遠のいてしまいそうになるので、ガラス越しのアムルを見ている時間のが長かったかな・・・
途中からは時間の進むのがいように早く感じたりした。。

まもなく17時になろうとしている頃に手術終了。

結果は、当初左右の骨盤隔膜の補強手術を行う予定でしたが
右側の筋肉はしっかりしているため、現状で問題無いことから
補強手術はボロボロになっていた左側だけ行ったとのこと。
再発の心配が絶対無いというわけでは無いが、去勢手術をしたことで
前立腺が縮小し、直腸への影響は殆ど出なくなるであろうということ。

万が一再発してしまった場合のことを考えて、摘出した睾丸の片方は
冷凍保存しておいて下さるとのこと。
(再発してしまった場合にそれを使って補強手術を行う為。)

ぶっちゃけ、瞬時にいろんなことが頭の中をよぎったけれど・・・
先生の判断を信じているし、再発しない事を祈るのみ。。
無事に手術が終わった事に心底ホッとしました。


覚醒は時間をかけてゆっくり・・・というのが理想的らしいのだけれど
今日のアムルは前回よりも数段早く覚醒しつつあった@頭だけ(^_^;)
体は勿論思い通りに動くはずも無く、パニックです。
入院中殆ど鳴く事のなかったアムたんだけれど、やっぱり前回も覚醒時には
ピーピー、ヒューヒューとっても悲しい声で泣いてました。
今日は前回以上に声のボリュームも大きく、切なさが一層募ったのは言うまでもありません
動く部分を必至に振り回そうとするので頭だけぐるんぐるん動き
手を添えてないと壁に打ち付けてしまいそうで怖い。
私とJちん、交互でアムルの頭を支え、なだめ落ち着かせるのに必至
点滴に沈静剤を注射してもらいやっと落ち着いて眠り始めたので少しホッしました。

面会時間ギリギリまで付き添いましたが、今回は絶食が無いことから
24時間の付き添いは必要無いですよ。と言われていたので
後ろ髪惹かれる思いを残しつつアムルを先生にお願いし帰路へとつきました。


***********************************************************

今回のコトで沢山の応援メッセージを頂きとても励みになりました
本当に本当にありがとうございます。
今後はゆっくり養生しながらアムルの回復に全力を注いでいきます。

またアムルと一緒にみなさんに会える日を楽しみにしています~(*^^*)

                        

  1. 2007/01/14(日) 23:42:45|
  2. 病気・怪我&治療
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。