LIFE with AMUKARI

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

横浜方式?

たまたま友人から耳にした話は自分の耳を疑いたくなるような話だった。
「横浜方式」と呼ばれる猫引き取り制度。


以前飼い猫が迷子になった友達のお手伝いをした時に
警察署には届け出を出すけど犬と違って保健所は猫を捕獲しない事を知った。。
・・・けど、じゃぁ猫は誰がドコへ連れてくの?

公園なんかに住み着いている猫を誰かが連れてっちゃう・・・というような話
近隣住民がなんらかの被害で通報した場合・・・ドコへ連れてかれちゃうの?

そんな疑問があったのに
解明することなくおざなりになっていた。
今回聞いた話、見た文章からはそれらを全て解明してくれはしたけど



様々な地域で行われている不妊手術によって
猫を減らそうとする(繁殖を抑える)方式では無く
殺処分を行うことで、猫を減らそうとする方式(主に子猫)
横浜市では、1匹約1万円で子ネコの殺処分を市獣医師に委託・・・


・・・なんとも言いがたい悲しい現実

獣医さんって、お医者と名のつく仕事に携わる方って
命を繋ぐための仕事をしている人達だよね・・・
市からの委託だからってそんな仕事をして胸は痛まないのかな?
そして、解決策があるのになぜ古い制度に縛られ
新しい制度を取り入れようとしないのか?
そこに金銭が発生しているからなの?

・・・どうしても悪意を感じずにいられない。
だって地域猫の不妊手術により増殖する野良猫を抑制できるという
結果を出している地域が実際にあるのに!!


この横浜市のみで取られている「横浜方式」について
改正案を提案されている横浜アニマルファミリーさんで署名運動をされています。

どうか一度コチラのページを訪れ、現状を把握した上で
賛同いただける方には署名していただけるようお願いいたします。
ネット上でも署名できるようになっていますのでよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト


テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

  1. 2007/09/19(水) 01:16:49|
  2. 日常・つぶやき
  3. | コメント:8
<<密着型甘えん坊@エピ | ホーム | NDA@山中湖>>

コメント

初めまして

時々、Blogはこっそり覗かせて頂いておりますが(^^;)
コメントさせて頂くのは、初めてです。
あい&大左右衛門と暮らしております、えみとんです。
宜しくお願い致します。

びんままのところで、このことを知り、早速署名させて頂きました。

なんとも酷い…
税金も子猫を殺す病院に報酬として使われるのは…
上手い言葉は見つかりませんが、
早くこのような制度がなくなると良いですね。
  1. 2007/09/20(木) 09:35:30 |
  2. URL |
  3. えみとん #-
  4. [ 編集 ]

□えみとんさん

いらっしゃいませ^^
えみとんさん、コメントありがとうございます。
そして署名も、本当にありがとうございます。

あまりにもショッキングで
上手く文章がおもいつかなかったので
びんままに感謝。。
横浜市民でなくとも1人でも多くの方に
この酷く惨い事実を知っていただきたい
そしてこの制度を変えたいという運動に
協力いただけると幸いです。

↓こちらのページ(横浜アニマルファミリー)では
http://www.animal-family.org/
この制度の改正に向けて唯一動いてくださっている
太田議員さんの報告等も詳しく載っています。
  1. 2007/09/20(木) 22:05:33 |
  2. URL |
  3. じんたン。 #xKjdXaNk
  4. [ 編集 ]

横浜方式の実情

いわゆる横浜方式で病院に持ち込まれる猫の殆どは生後間もない乳飲み子です。
引取先の病院では出来うる限り育て、里親さがしをしています。処分費用といわれますが、育てる費用にもなっています。
横浜方式の見直しは考えるべきかもしれませんが、横浜方式=ひどい制度、引き受ける病院=猫殺しの病院、などと悪い噂が立てば、制度云々の前に引き受ける病院はなくなるでしょう。
そうなると市内の多くの捨て猫は一部の病院に集中し、その結果、育てられる数の限界を超え、結局は処分の猫が増えてしまいます。実際今も一部の区では引取りをする病院がなくなり、その区で捨てられ処分を依頼された猫が他区の病院に持ち込まれているのです。
動物病院で働く者が好き好んで処分を引受けていると言われては、現場で頑張って猫を育てている人達が報われません。
少なくとも10年前に比べ殺処分数を半減させた実績のある制度です。どうか感情的にならず、冷静に多くの人の意見を聞いて、猫にとってより良い状況に持っていけるよう話し合っていただければ嬉しいです。
  1. 2007/09/23(日) 21:45:21 |
  2. URL |
  3. baku #zlAQJbYM
  4. [ 編集 ]

□bakuさん

コメントありがとうございます。

横浜方式の実体を聞いた時は実際ショック以外のなにものでもなく感情的になっている部分は否めません
関係者サイドの立場で「そうではない」という部分もあるのかもしれませんが・・・

ただ、冷静になって考えても
どんなにその命を救うためだといっても
その命を育てる資金が必要なのだといわれても
そのために人為的に淘汰される命があることを正当化して考える事ができません。
命の尊さに順列はないのではないでしょうか?

実際に育てて里親募集をするとして
根本的な部分で「なぜ子猫が増えるのか?生まれるのか?」で言えば
繁殖能力をもつ野良猫がいるかぎりそれを保護し続けたとして子猫は際限なく生まれると思うし、全ての子猫に里親を探してあげるという事はとてもむずかしい事だと思います。

だから仕方が無い?
そんな風にはどうしても思えないのです。

この記事でリンクを貼らせて頂いている横浜アニマルファミリーさんが行われている運動。
野良猫、地域猫への去勢・避妊の徹底こそが不幸な猫が増える事を抑制し、今いる猫達が幸せに暮らしていける一番良い方法だと私は共感し、あえてブログ内でもその大元の内容を読んで頂いた上で、賛同していただける方に協力していただけるようお願いしている次第です。

>捨て猫は一部の病院に集中し
とても大変なことだと思います。
でも、だからこそ、その病院にこそ野良猫・地域猫への去勢・避妊の強化を広めていただけたら
収容されてくる子猫の数は減ってくると
・・・私は思います。

あくまで個人的な意見ですので
署名運動に関してもリンク先のページをお読みいただいた上で
協力をお願いしております。
人それぞれ考え方はあると思います
強制ではありませんのであしからず。
  1. 2007/09/24(月) 00:41:24 |
  2. URL |
  3. じんたン。 #xKjdXaNk
  4. [ 編集 ]

こんにちは!

はじめまして!じゃないかな?一度お会いしてます~!猫写真の時~!
HPへは良く立ち寄らせていただいております!
一人、写真見ながらニヤケテ変な人になってますわ。かわいいんだもの!!みんな。

「横浜方式」なんだかなぁ。。。悲しくなりました。
少しでも力になりたい!と思い、署名呼びかけ頑張ってます!
  1. 2007/09/24(月) 10:03:12 |
  2. URL |
  3. みんみ #-
  4. [ 編集 ]

先行きを見守ります

私もノラ猫の不妊・去勢手術はしているし、手術がノラ猫を減らす一番効果のある方法と思ってます。
市がお金を出して手術を進めてくれるなら良いと思います。
結局、私は実際病院で引き取り業務に関わっている人が色々思い悩む中、頑張って仔猫の里親さがしをしている姿を見ていたので、「動物病院なのに猫を殺している。なんてひどいんだ。」という意見を見逃せなかったのでした。
私のほうが感情的だったかもしれません。ごめんなさい。
友人の病院も来年からは引き取り業務をやめるそうです。
ボランティアさんが頑張って手術を進めてくれる事に期待します。
それでも生まれてくるであろう仔猫がこの先どうなるかは、見守るしかありませんね。
  1. 2007/09/24(月) 11:40:30 |
  2. URL |
  3. baku #zlAQJbYM
  4. [ 編集 ]

□みんみさん

はじめまして♪
・・・じゃないんですか~Σ(=゚ω゚=;ノ)ノビックリ
ドコでお会いしてるんでしょぅ?
猫写真ってことはどこぞの公園かなぁ?
それとも別の場所??
・・・思い出せなくてすみません(;´▽`lllA``
&遊びに来てくださってありがとうございます♪

「横浜方式」
・・・そうですね、とても悲しい。
私も微力ではあっても、沢山の小さな力・声が集まれば
大きな力になるのだと信じています。
  1. 2007/09/25(火) 08:13:25 |
  2. URL |
  3. じんたン。 #xKjdXaNk
  4. [ 編集 ]

□bakuさん

私が「横浜方式」を知ったのは、たまたま友人が
ノラ猫の去勢手術を行った際に関わった病院の
「ノラ猫」への対応があまりにもずさんだったことから
(預かりの際に「ノラ猫」とカテゴリー分けされた気がして
術後は生涯自分が面倒見るのできちんと処置して欲しい。と
お願いしたにも関わらず術後の体調があまりよくない状態で返され
傷に対しての薬等も(抗生物質すら)一切出なかった)
何か引っかかる・・・と、いろいろ調べている内に
その病院の様々な情報と共に「横浜方式」の存在を
知るきっかけとなりました。

病院によってはノラ猫・地域猫の去勢・避妊手術を行い
里親募集に力をいれている病院があることはもちろん知っています。
私が普段掛り付けで行っている病院でも積極的に
地域猫の去勢・避妊手術に取り組んでおられますから・・・

でも、そういった運動の裏で
本意ではないにしろ「殺処分」を行われる獣医さんがいるという事実。
携わっている全ての獣医さんが進んでやっていると思ったわけではありませんが
私欲を増やしている獣医さんもいるという事実。。
ショック以外のなにものでもなかく
不信感でいっぱいにいっぱいになってしまいました。

今回bakuさんのお陰で反対意見を持ちながらも携わらずにいられない獣医さんがいるということを知り
ホッとしたのと同時に、是非そういう思いを持っているのに携わらなければいけない状態な獣医さんにこそ
獣医師会全体で「殺処分を行わない」方向に話し合っていただけたらな・・・と願って止みません。

命を絶つのではなく、繋げる努力を・・・

横浜方式の改正を願って止みません。

  1. 2007/09/25(火) 08:57:45 |
  2. URL |
  3. じんたン。 #xKjdXaNk
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。