LIFE with AMUKARI

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アムたんの受難(/_;)

最近・・・ホントについてない。


今日、私の不注意で散歩中にアムたんに怪我させてしまった。

夕方の散歩で運動中じるばとぶつかったらしく変な鳴き方をしたので
全身チェックしてみたけど分からず、家に帰り着いて
もう一度全身をチェックしていて目の淵を怪我しているのを発見
慌ててJちんと獣医さんに電話して病院に走った。
丁度仕事を終えて家に向かっていたJちんと途中で合流
2人で先生のお話を聞くと幸い角膜には傷が無かったものの
目の淵をパックリと切っていた
全身麻酔で縫うか、薬を飲みながら様子を見るかどちらにするか?と聞かれ
メリット・デメリットを聞き、絶対縫わなければならない傷ではないという説明もあったので、目の淵だし、縫った糸で目が傷つきやしないか・・・なんて不安(そんなことは無いんだろうけど)もあり、抗生剤を注射してもらい後は飲み薬を出してもらって家に帰った。

Jちんに懇々と叱られながら、ホントに情けないのとアムルに申し訳ないので涙が止まらなくなった。。
目が見えなくならなくて良かった。。
ごめんね、アムル。



・・・病院で処方された薬のほかに点眼薬もあり、これは今日からさしてくださいと言われていたので寝るまでにも数回点眼していた。
最後に点眼しながら・・・
あれ?傷が塞がってる??
勿論、完全に塞がったわけじゃないんだろうけどパックリしてたトコが殆どくっ付いてるように見える。
先生も確かに口の中の傷同様、この部分の傷は治りは早いと思います。とは言ってはいたけれど、今日はぶつかった衝撃もあるし腫れるでしょうなんてことおっしゃってたのに・・・腫れるどころかパッチリと開いてるし。。
動物の治癒能力って凄いな~とは思ってはいたけど、ちょっとビックリ。
病院で打ってもらった注射も効いてるんだろうな。。良かった。

そんなこんな私が思っていたらば、さっきまであんなに怒ってたJちん
アムルの傷を見て「な、縫わなくて良かったろ?病院にも行く必要なかったんじゃない?」だってさ、おいおいそりゃ違うでしょ?診て貰ったからこそそんな事言えるんじゃんね・・・

(^_^;
なんにしろ、回復してるのは嬉しい。
早くよくな~れ。
スポンサーサイト


  1. 2005/03/08(火) 16:23:07|
  2. 病気・怪我&治療
  3. | コメント:0
<<ビーフストロガノフ | ホーム | フラボ練習@YDB>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。