LIFE with AMUKARI

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アムたんの紹介

ga041038.jpg

 CN:アムル
 ANDREW OF PAUL&MARY JP
 1999年6月17日生まれ
 ボーダーコリーの男の子
 出身地は三重県
父:ポール   母:キャンディー のA胎として生まれる。
06rogo02.jpg

 愛称は:あっ君・アムたん・む~君・あむむ・王子etc...
 性格:シャイでビビリな甘えん坊。
「うぉぅ、ぉ~う!」と遠吠え&遊ぼうポーズ(身悶え)は嬉しい時、遊びたい時のお決まり。
怖い時はうつむき加減でフルフルしながら「ヴゥゥゥ...」と情けない声でアピール。
とっても弱っちなアムたんだけど、女の子の好みはお強くって高ビー系が好みらしい...
よぅ分からん。(笑 「ちょっと遊びましょうよぅ♪」と擦り寄られるのは苦手なのである。
わがままなのね..(-"-;)

※追記部分
2006/5 CLテストクリア

2歳はとっくに過ぎているとはいえ、ちょっぴろドキドキしました。

今後生まれてくるボーダーコリー達が健康で幸せな犬生を送る為にも
恐怖と狂喜にまみえない為にも・・・
繁殖に携わる方々には是非とも受けて欲しい検査であります。
書類等はおいといて(汗)検査自体はとても簡単でした。
両親犬がクリアであればキャリアは生まれてこないのだとあります。
たったそれだけのことで何の罪も無く生まれ来る命に
その病気にかかる事は無いよ。と言えるのだから・・・

この検査が多くの人たちに賛同される様
強く、願います。


※2006/8
日本でCL(DNA)検査が受けられる機関が発足しました。
JBCHN
詳しくは↑をクリックしてHPでご確認ください。



=====アムたんとの出会いエピソード=====
1999年 Mダックスを飼う!と探していたJちんとペットショップ巡りをしていていた時に
密かに憧れつづけていたボーダーコリーの赤ちゃんと初めて出会う。(注:私が)
当時はJちんと結婚するなんて分からなかったし、私の将来のパートナーとして
の憧れでしかなかったけれど、私の「ボーダーコリーがいつか飼いたいなぁ
という一言で興味が傾いたのかな?その時は「白黒の変な犬」程度に言われた
気がするんだけど・・・1週間後には私には内緒でそのコを引き取るつもりでお店に
向かっていたらしい。。(^-^;

・・・が!そのコはもぉいなかったのだ
だけど、一度思い立ったら一直線なJちん。
もぉMダックスは眼中に入らず
店員さんに次ぎにボーダーコリーの赤ちゃんが入ったら連絡を貰える様
お願いし、その後に連絡を受け 出会ったのがアムたんなのであります。
ak04002.jpg

お店にはアムルと一緒に胴胎の女の子もいたの。
眠りこけてるアムルと元気一杯ぴょんぴょん跳ねてた女の子。
最初から男の子に決めていたJちんも あまりの可愛さに2匹連れて帰ろうか
迷ってしまったほど。 今でこそ、あの時2匹とも連れ帰ってたらな。。。
な~んて思ったりもするんだけど、きっとどこか(近所?!)で元気に幸せになっていると
思います。願わくば・・・どこかで偶然会えないかと密かに想い続けてます。
ak04003.jpg

そんなこんなで、我が家の?私達の??ボーダーライフが始まったのであります。

スポンサーサイト
  1. 1999/06/17(木) 02:04:19|
  2. メンバー紹介
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。